FC2ブログ

    はじめの一歩。 

     見事な五月晴れ。サッカー日和。


     「我が県サッカー協会はフェアプレー日本一を目指します。」

     印象的な言葉を全体の始めに持ってくること。小学校の作文で誰もが習うことだ。だから、この文章をTOPに持ってきた。でも、同じく作文の作法から考えると。僕的には〝。〟の位置が気持ち悪くて仕方がない…。いや、違うなぁ。この気持ち悪さの原因は〝。〟の位置だけのせいではないなぁ。じゃあ、何で気持ち悪いのだろう?  もう一度、声に出して読んでみる。「我が県サッカー協会はフェアプレー日本一を目指します。」かぁ。待てよ待てよ…。目指す? つまり、今は日本一ではないことを暗に認めていると言うことか? これだ。気持ち悪さの原因は。

     何ごとも疑ってかかること。これは小学校で習う科学の第1歩だ(笑)。

     今日は、とても大きな命題にトライをしたい。ズバリ、「小学生年代のフェアプレーとは、なんぞや?」。あまりにテーマが大き過ぎると雲を掴むような話になってしまいそうだが…。それは困る。どうしたものか? そういえば、中学生の時、論理構成の第1歩として習ったことを思い出した。「難しい命題の話をする時は、身近な例を引用すること」。ふむ。身近な例ね…。あの話、この話、どれが適当だろう? 最も書きたい例が、あるにはあるのだが。それを書くと、批判になりかねない。それはフェアプレー日本一を目指す県サッカー協会の一員として適切なことではないだろう(苦笑)。仕方がない。また、彼に登場を願うか…。彼を使えば後腐れは一切ないからね。

     具体例として息子を使うこと。それはこのブログの基本の〝キ〟だ(笑)。

     以前、息子に聞いたことがある。「オマエ、狙ってファウルをしたことがあるか?」。リュウは即答した。「一度だけ。たった一度だけだけど、あるよ。ジュニアユース3年の時。レッド覚悟で横からブチかましに行った。結果、相手はフっ飛んで。そして大事な試合で勝利を手にできた」。どの試合か? 読む人が読めば分ってしまうのだが。

     敢えてボカす。これはマスコミが書く記事の初歩の初歩だ(笑)。

     息子の話は続く。「カード? イエローで済んだ。ただ、自分の中では許し難い〝レッド〟のプレー。今でも後悔しているよ。最初の一歩が遅れたんだ。以後、同じ後悔をしたくないから、最初の一歩目は絶対に遅れないっ! と心に誓っている。んっ? 監督がホメたかどうか? ホメるわけないじゃん。スゲェ怒られた。だから、僕はカントクが好きなんだ」。

     さすが市議会議員。強い正義感は政治家の基本資質だ。

     実は今日。A市本部長杯Cクラス予選で我がチームの子が対HEチーム戦で後ろからボールにスライディングに行き、ファウルを取られた。今日のグラウンドは芝っぽい草の生えているA市運動公園サブグラウンド。滑ってでも止めたくなったのだろう。泥臭いプレーが特長のかなりの頑張り屋さんの彼。そんな彼が犯したファウル。確かにボールには行っていたが、明らかに危険なプレー。絶対にしてはいけないプレーだ。笛を吹いた後、審判(4級だが実にフェアで清々しいレフリングをする方)が、「今のは危ない。相手がケガをしたら大変だ。気をつけよう」と彼に諭した。ありがたいことだ。

     良いレフリーがいるチームは良いチーム。少年サッカーの定理だ。

     もし。今日の審判が彼を諭してくれなかったら、僕は中心選手の彼を替えたと思う。例え、それで負けたとしても、だ。審判のお陰で、今日は替えずに済んだ。感謝だ。ただ一応、審判による諭しの後で、「○○~。わざとでないのは分かるけど、汚いプレーは我がチームでは厳禁っ!しっかり謝れっ!」とは叫んだ。そう。小学生のフェアプレーとは、小学生自体の問題ではない。賭けても良いが、小学校4年生あたりで「ファウル覚悟で行く」なんてことは、絶対にない。反射神経が良いから、運動能力が抜けているから、思わず犯してしまうファウルがその殆どだろう。問題は、周りの大人がそれを咎めることことができるかどうか? だ。それが小学生のフェアプレーを生み出す第1歩だと言っていい。

     これも、もし。審判がまだ経験不足の方で。ベンチも「ボールに行っているのだからファウルではない」としたら、どうなるか? 周りで見ている保護者は「よくぞ止めたっ!」とヤンヤの喝采。ホメられたと勘違いをしたその子は、後ろからのスライディングを続け、結果、大事なサッカー仲間の足を傷つけてしまうかもしれない。ファウルをしないことが、フェアプレーではない。ファウルをしなくても済む技術を身に付け、その上で熱く激しく闘うこと。それが将来的なサッカープレーヤーとしてのフェアプレーに繋がると僕は確信をしている。だから。小学生のウチは。大人が厳しく正しいプレーを本人および本人の周りに伝えることが重要になる。それが小学生のフェアプレーのスタートだろう。

     息子の後悔は、できれば他の子にはしてほしくない(彼の名誉のために敢えてもう一度書くと、17年の生涯で一度だけのことではあるが)。サッカー経験者としてコーチが「局面で使う技術練習」や「ムダ走りのサッカーにおける重要性」などを伝える前に。そんなことは二の次、三の次のことなのだから。まずは小学生が将来ちゃんとした大人になるためのフツーの大人としてのフツーの助言を行うこと。それがコーチの最初の役目ではないだろうか? そして、そういうコーチがいるチームを増やすこと。それが「我が県がフェアプレー日本一になる」一番の近道だと思うんだけどなぁ。大事なことはサッカー以前のことだと思う。これって、僕の思い過ごしだろうか?
     
     文章の最後は、これまた印象的な言葉で締める。これも小学校の作文の授業で学んだことだ。今日の試合は、いや。今日に限ったことではないけれど。我がチームの4年生は通常では考えられないような爆笑プレーを何度も披露してくれた。断っておくが、普段は厳しい僕もそういうプレーは決して叱らない。ルールの範囲内で、さらにモラルの範囲内でフェアプレーにあふれた環境の中での驚くようなプレーは間違いなく子どもの個性の象徴だ。そういうプレーは基本に沿っていなくても、僕はホメる。だって、なにせ我がチーム4年生の目標は、以下のものだから。

     「我がチーム4年生は珍プレー日本一を目指します」。
     〝。〟の位置は、やはり、これが正しい(笑)。



    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://halusaka.jp/tb.php/741-5a1f5e27