FC2ブログ

    確実! 

     やばい。。。土曜日が雨っぽい。。。 
     
     
     今回は我が県を揺るがす話を2つ。

     1つ目。5億円で盆栽を買うかどうか? で、S市がモメているらしい。栃木・下野市にある高木盆栽美術館にある、時価ウン十億の盆栽全て(シュレッダーで有名な明光商会の高木名誉会長さんの私物らしい、驚)を「5億でいいよ~」と言われて、「乗った!その話!」となったところに市議会から「待った!」になったという話だ。市は町興しのために、盆栽ミュージアムだかを作ろうとしている、とのこと。CXの朝番組「とくダネ!」(小倉さんの番組ね)で取り上げていた(日曜には別の番組でもやっていたらしい)。

     なんで、S市か? というと、なんでも、関東大震災の後に東京の各所に住んでいた優秀な盆栽職人たちが、この地に集結して移住して、盆栽関係者の街を作ったらしい。昭和になり、行政区分上の町名も「盆栽町」になり、今ではこの町に盆栽を求めて世界中から訪れる人が後を絶たない、からとのこと。

     知らなかった~。

     知らないのは僕だけではない。テレビで、「S市の名物は何?」と聞かれた市民で「盆栽」と答えた人はわずか1人。みんな「Jクラブ」と答えていた~(笑)。実は、この「Jクラブ」という答えが一番多いということに、「盆栽5億円問題」の本質があったりする。賛成している市議は「旧・O地区選出」の方ばかり。旧・U地区、旧・Y地区、旧・I地区の方々は全員反対。なんでO地区にだけ5億もかけるの? ということだろう。

     A市民の僕には関係がないのだけれど。5億の税金を盆栽に?という思いは分かる気がする。先にやること確かにあるだろう。。。まあ、文化のため!は理解はできるけど。

     2つ目。来年の全少予選と秋の県大会と再来年の新人戦予選は全てリーグ戦になるという話。県を32ブロック分けて、1ブロックあたり16チームの総当りの成績を以って、地区代表を決定する!という話だ。県西部地区の有力者、県南地区の有力者の双方から「上からのお達しでそうなる。もう決まったこと」と聞かされたから多分、本当なのだろう。

     びっくり。

     いい、悪いは別として。クラブチームまで足すと、A市だけで14チームあるから、隣町を足して17。これをモデルケースと考えて、17チーム総当りは136試合。これを年3回?1地区で年間408試合よ? 県」全域で360試合(16チーム)×32ブロック=11520試合。チビッコは試合をするな!5・6年、上手い子だけでいいということなら可能だけど。さらに言うと、小学校のグラウンドはサッカーだけが使っているんじゃないよ~。

     で。習熟度の低い子の試合はどうするの?そういう子のためのゲームをやろうとしても、360試合こなさねばならないからグラウンドはない。結果として、辞めて行く。地域交流もする暇なし!静岡行く、新潟行くなんて暇はなくなってしまう。我がチームだけじゃなくて、県NO1チームも県NO2チームも。必然的に県のレベルは下がっていく。

     それでも。上には逆らえないから、「やる」しかないのだろうか…。

     2つを一緒に考えてみた。5億円あれば。グラウンドいくつ作れるかなあ?


    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://halusaka.jp/tb.php/349-7fd61412