FC2ブログ

    初めての「お泊り」。 

     まだ梅雨が明けない「曇り」ときどき「雨」

     
     見たこともないボディターン。練習ではできなかった、カラダを張ったボールキープ。気持ちが一つになったコミュニケーション。結果は負けたけど「ナイスゲーム!」を子供たちが見せてくれた。

    7月26日・27日、隣の県に一泊で大会参加に行ってきた。参加した大会は「第1回 某地名カップ3年生大会」。僕と同郷の方である某地名SCの監督さんが「3年以下の大会が少ないっ!」と主催を決意した、熱い思いの詰まった大会である。我がチームの3年生にとっては、宿泊も県外交流も初めての体験である。

     宿泊を選んだ目的は「チームワークの構築」と「自立」。もちろん、子供たちには「もっと仲良くなろう!」「自分のことは自分でやろう!」と優しい言葉で伝えた。みんなで一緒に風呂入って、飯食って。寝る前にお喋りして。「チームワーク」なんて言葉よりも、「考えただけでも、楽しいだろ?そんなことって!」という発想がそもそもである。引率は、僕とM3年コーチとM5年コーチ(帯同審判)とお父さん(Kさん、Sさん、Yさん)の6人だけ。女手なし!(笑)。否が応でも、全てのことを自分でやらなければならない環境での一泊交流である。試合後のユニホームの陰干し。水筒のすすぎ。掃除。荷物の搬入、搬出。食器の片付け。普段、お母さんがやってくれることを全部子供たちが自分でやった。

     低学年のどこのチームもそうだろうが、僕は試合中に戦術的な指示はしない。「1対1負けるな」「がんばれ」「カラダ入れろ」「周り見ろ」程度である(ドリブルっ!は思わず言ってしまうが…笑)。どんなスポーツでも、プレーをするのはプレーヤー。試合が始まれば、コーチの声なんか届きはしない。「自分で実行する」「自分達で考える」。それが基本だと思っているからだ。練習もキック習得の為、コミュニケーションの為のパス練はやらせるが、戦術のためのパス練はしない。そんな暇があったら、ひたすらドリブル・フェイント・1対1。逆に試合でのロングキックも禁止しない。それも、これも子供の判断だもの。彼らの名誉の為に言っておくが、キックオフの時にチョン蹴りして後ろに戻して、キック力のある子が前に出す形を最近やりだしたが、あれも教えたものではない。上級生の試合を見て、子供たちが始めたこと。自分達で考えたこと。だから異論はあるが禁止してない。とにかく僕の仕事は「自分で考える」環境を作ってあげることだと思っている。

     某地名カップは幸いにも決勝まで行った。その決勝で子供の「自分で考える」力が爆発した感じであった。教えてもいないカバーリング。自然と大きくなる声。「負けたくない」から「考えた」「そうなった」のであろう。明らかに技術的には格上の相手に頑張った。某地名カップ2日目はそんなスゴイ試合のオンパレードであった。時を経て、また試合をした時にお互いにどんな成長をしているか?子供ってすごいなあ!と再認識した大会であった。

     同行していただいたお父さん、M5年コーチありがとうございました。お父さん方には雑用をやらせてしまって、すいませんでした。また赤堀SCの関係者のみなさん、ほんとうにありがとうございました。深く深く、感謝感謝です。

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://halusaka.jp/tb.php/123-b00c7552