FC2ブログ

    薬師丸ひろ子のデビュー作! 

     台風通過で昨日までは一日、「雨の予報」。朝起きて、予報を確認すると「曇り」。

     
     今日は6年生が某チームに招待されての練習試合。挨拶を兼ねて長男を連れて、観戦に出かけた。着くと、もう試合をやっている。水溜りもない。いや、「無くした」のだろう。某チームの皆さん、ご苦労様です、そしてありがとうございます。

     で、「HチームvsTチーム」を観戦。さすがHチーム、鍛えられている。的確にパスを繋ぎ、ミスらしいミスは、まずしない。そして、全員がカラダを張っている。素晴らしい。息子と2人で「強ぇ~!」と驚嘆。僕の目に留まったのは25番。一言で言うと、「ボールを奪う天才!」。決して、足だけで行くようなプレーはしない。激しく激しくカラダを相手の前に入れて、必ずボールを奪う。一度抜かれても精力的に追いかけ、「届かないだろ?」という位置からもスルリとカラダを入れる。息子も気が付き、「アイツ、すげぇ!ガットゥーゾみたい!タフだなあ!」。

     試合終了。Hチームの勝ち。さて、我がチーム6年の試合は見れないけど挨拶をして帰ろう!と息子と本部に。Tさんに御礼の挨拶。「本日は、ありがとうございます。強いですね~」。「いやぁ~、全然ですよ~」。「25番、いいですね~」。「おっ!お目が高い(笑)。25番は5年生です」。


     「え~っ!!」

     横の息子が大声出した。「父ちゃん、早く帰ろう!」。いい傾向だけど。何を焦っているんだ?(笑)

     帰りの車の中で。息子に言った。
    「性格的にお前は優しい。かなり優しい。激しい気性じゃない。でも優しいからお前なんだ。焦る必要はない。でもタフには、なろうな!」。
    「優しく、タフだね」。
    「そう。優しく、タフに、だ」。

     午後の練習。息子はアップから気合入りまくり。伝わるのか、隣のキャプテンも気合が入った。台風通過の強い風に向かって、「風に負けるなっ!負けない声を出そうっ!」。見ていたH2コーチが、「ナンなの?今日は。スゴイ!」。「台風に野性が目覚めたんじゃないっすかぁ~?」。「野性?」。「そう野性!」。

     「男はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。」by レイモンド・チャンドラー

    毎回、「体育」ですけど(笑)。 

     それにしても。試合がしたかった。

     
     これを言うと、必ず「変わってますねえ」と言われるのだが。僕は子供の頃、授業参観が好きだった。「親」が学校に来る事が好きだったのではない。「いつもと違う学校」が好きだったのだ。頭がクラクラするくらいに強烈に香る「昔の」化粧の匂い。パタパタと響く父兄のスリッパの音。ガヤガヤというざわめきに小さい子供のキャーキャーという騒ぎ声。一種のお祭りみたいな気分になって、とっても楽しかったのだ。

     本日。朝から雨。交流試合の予定だったのだが、残念ながら中止。「いろいろ試す」予定だったから、無理してでも「やりたかった」が、「季節の変わり目」だけに体調管理のことも考えての中止決定。まあ、妥当な判断だろう。とはいえ、昨日の今日で(「12文字」のブログ読んでね!)子供も気合が入りまくりなのに、何もしないのはモッタイナイ!とHコーチと相談し、急遽、近くの公民館を借りて2時間ばかりの「サッカー勉強会」を開催する事にした。

     10時。開始予定時刻。公民館の1階の入り口で会計係のお母さんと集金の件で打ち合わせをしていたので、2階の「教室」に上がるのが、ちょい遅れた僕。まあ、(Hコーチがいるし~)と「♪世界はそれを愛と呼ぶんだぜ♪」と鼻唄混じりで階段をスキップで登った。そこに教室に入ろうか?どうしようか?迷っている風の二人の大人の女性が。よく見るとYママとSママ。「どうしました?」「見学させていただけないでしょうか?サッカーのことも知りたいし」。 断る理由はナイどころか、大歓迎!扉を開けながら「お~い特別ゲストだよ~」と叫び、「臨時の授業参観」が成立した。
     
     Y君は4月からの、S君はこの9月からの転校生。それぞれ元・住んでいたところで少年団に属して「サッカー大好き!」ということで我がチームに入団。子供は、もう充分に馴染んでいる。でも。おそらく。2人のママは心配だったのだろう。「我がチームのサッカー!についていけるのかしら?」(そう思うことが間違いなんだけど、ね)、「馴染んでいるのかしら?」という気持ちがあったのだと思う。これは「親」として至極、当然のこと。「ワイワイガヤガヤ」の勉強会で安心してもらえただろうし、コーチの教え方・考え方にも触れていただき、多少は「我がチーム5年のやり方」がわかっていただけたのではないか?と思う。

     父兄との距離感というのは、とっても難しい。各チーム・それぞれの「考え方」があるだろうし、その中でも各コーチ・それぞれの「やり方」がある。父兄の思いも様々。「とにかくサッカーを上手くさせたい!」という人もいれば、「カラダが弱いので何か運動をさせたい!」という人もいる。「友達を作らせたい!」という人もいれば、「スポーツマンらしい考え方を持ってほしい!」という人もいる。これ全部を優先させていたら、とんでもないことになってしまう。

     我がチームの考え方は。「我がチームー」=「サッカースポーツ少年団」、これが基本。「託児所」じゃないし、「学校」じゃないし、「サッカースクール」じゃないし、「クラブチーム」でもない。あくまでもスポーツ少年団である。 そして、「こうありたい」というスタンスは。「人の育成」が第一義。それを父兄にわかっていただくには、まずはコミュニケーション。次にコミュニケーション。最後にコミュニケーション。「聞いて」、「聞いて」、「聞いて」。そして、いい意見は取り入れる。団として受けられないことは「受けられない」理由をキチンと話す。

     考えてみたら。試合は「授業参観」みたいなもの。みなさ~ん、ガンガン応援に来てください!そこで、色々と話しましょう!遠慮なく。僕も一人の父兄ですから~。

     「父親参観日」も作ろうかな(笑)。

    12文字。 

    のちのち 夕方はキレイな夕焼けに。 
     

    夜の帳が降りようとしている。時計を見ると、まだ18時前。すっかり日が短くなった。もう秋である。

     午後3時過ぎ。我が地区後期大会を終えた我がチーム11期生の30人がホーム小学校グラウンドに全員集合した。アンツ(習熟組)は予選突破。トータス(発展途上組)は第4位で予選突破ならず。結果は違えど、「頑張った」顔・顔・顔。「どうだった?」、「勝ったよ」、「俺らも頑張ったぜ」、各所で色んな会話が聞こえてくる。

     なぜ集合したか?というと。新人戦のプログラム用(新聞掲載用?)の写真を撮るため。30人全員が揃ったのは、ホントに久しぶりである。揃いの「ブラウグラーナ」を27人が、キーパー3人は「黄色adidas」を着て。秋の柔らかい光の中、ゴールを背にして、背の順に3列に並んで、撮影会。

     「イチ タス イチ は?」
     「ニぃ~~~!!」

     元気な元気な声が聞こえてくる。みんな仲間。大事な大事なチームの仲間。全体の終了挨拶をする前に。僕が話を切り出した。

     「今日は皆、頑張った。アンツの諸君、おめでとう。10月22日は優勝目指して頑張って欲しい。トータスの諸君、お疲れ様。決勝Tには行けなかったけど、この大会の君たちの戦いぶりは、コーチの胸に熱く響いた。よく頑張った。胸を張っていい。」

     10秒は黙ったと思う。

     「さっき撮った写真は新人戦のチーム紹介の写真だ。30人全員で撮ったね。でも、コーチはこれから、とってもイヤなことをみんなに言わなくちゃいけない。」

     更に1拍、於いた。

     「新人戦は我がチームから2チームは出せない。県大会に続く大会は、そういうルールになっている。チームの登録は20人。ベンチ入りできるのは20人なんだ。大石は30人いるから、10人の子がベンチに入れない。離れた所から、ユニホームも着れずに応援しなくちゃいけない。悲しいけれど、これがルール。ルールには従わなくちゃいけない」。

     目頭が熱い。

     「予選は11月下旬から。その時までに20人を選ぶ。まだ先のことだけど、それまで一所懸命に練習をして欲しい。勝つためにじゃない。選ばれるために、自分のために練習をして欲しい。これはお願いだ。がんばれ!」

     深呼吸。

     「選ばれた子は『残りの10人の思い』を背負って欲しい。簡単に「選ばれた!」なんて思わないで欲しい。喜んでいいけれど、ウカレないで欲しい。選ばれたことをプレッシャーに感じてくれ。10人の思いを無駄にだけは、するな。してはいけない」。

     更に深呼吸。

     「20人に入れなかったとしたら。入れなかった理由を、コーチはちゃんと話すつもりだ。そして、落ち込め!落ち込んで、落ち込んで、落ち込みまくってくれ。そして。悔しい!と思おう。その悔しさ!を忘れないで欲しい。そして来年の春を目指そう。4月には全国少年サッカー大会の予選がある。その時も20人を選ぶ。その時に20人に入ろう!と努力を続けてください。お願いします」。

     涙が頬を伝うのが自分でわかった。

     「いいかい?これだけは忘れるな。20人が選ばれようと何をされようと、お前達は30人で一つのチームだという事を。20人で一つのチームではない。どんな時も、それを忘れないで」。

     最後に大きな声で。

     「もう一度言う。誓おう。30人で一つのチームだということを忘れない!」。
     

     「はいっ!」。

     大きな大きな声の全員背筋の伸びた、まっすぐに僕を見た「透き通った」返事だった。

     消えていく秋の夕暮れを眺めながら。その「透き通った」返事を思い出しながら。新聞に載る20人の名前を書いた。次に60字のチーム紹介。残りの10人の名前をそこに書いた。升目は12文字分、残った。時計は19時を指している。最期に一言を書き添えた。

     「5年生30人の我がチーム(12文字)」。

    コダワレ! 

    のちのち 石岡に朝8時半。そして21時半、また会社に。。。

     以下は、この5月に我がチームに入団してきたS君のサッカーノートの一節。こう書け!とは一言も言っていない。

     〈どうして負けたか?〉
    ①みんながボールばっかり見ていた。
    ②「勝つ!」という気持ちがなくなった時に点を取られた。
     〈次の試合でやりたいこと〉
    ①周りを見る。②声を出して最後まで頑張る。


     良いっ!GOOD!非常に良い!VERY GOOD!全てが良い!感激している!いいポイントは、4つ。

    1.「分析」をしている!

     当たり前ということなかれ。その中身が合っていようが間違っていようが、「なぜ負けたか?」を自分で考えようとしている。そして、その中身も間違っていない。

    2.「目標」をきちんと考えている!

     次に何をすればいいか?を、自分の力で考えている。

    3.まとめ方が素晴らしい!

     〈やまかっこ〉を使って、項目がきちんと分析と目標に分かれている。さらに①・②と数字をふった上で箇条書きに簡潔にまとめてある。

    4.言葉がポジティブである!

     「ボールばっかり見ないようにしたい」と書かずに「周りを見る」、「勝つ!という気持ちがなくならないようにしたい」と書かずに「声を出して最後まで頑張る」とポジティブな表現になっている。子供の書く文章では、なかなかできることではない。普段からポジティブにモノを考えている証拠。ついでに言うと、「まわり」」を回りと書かずに「周り」としてあるのも良い!学校で習っていることもキチンと生きている、笑。

     
     僕は「勝負」には、ものすご~くコダワル人間である。誤解のないように書いておくが、「勝ち」にのみコダワルのではない。「勝ち」と「負け」=「勝負」にコダワル。「勝った」時には「勝った」理由があるし、「負けた」時には「負けた」理由がある。その理由をきちんと分析して次にいかに繋げるか?が大切だと思っている。だから、「勝ち」と「負け」を交互に繰り返したい(ホントよ、笑)。まあ、「やるからには勝ちたい!」し、「勝つために、負けた時も考える」わけだから「勝ち」の比重が高いと言われればそうだけど。カッコつけた言い方をすれば「勝つこと」が目的ではなく、「勝つために!」が「成長」の手段にならなくてはいけない!と強く強く思っている。だから「勝ち」慣れてはいけないし、「負け」に慣れてはもっといけない。


     なんだか、「生バナナ」を10回言っているみたいな「言い回し」になってしまった(笑)。

     
     諸君!まず強く願おう!「カチタイ」、「ツヨクナリタイ」。その気持ちが「カツ」に「ツヨク」に繋がっていく。「そのために何をするか?」をポジティブに全員が考え始めた時に「大きな前進、そして勝利!」が待っている。「勝負」というコダワリのないサッカーからは、技術だけしか生まれない。その上で、「強いハート」も手に入れるためには「勝負」にこコダワろう。


     「サッカーの上手いプレーヤー」を育てる前に。僕は「ハートの強い人間」を育てたい。


     明日、S君にノートを返すために「コーチの感想」を書き入れた。
    「〈次の試合でやりたいこと〉を23日やろう!そして。勝とう!」。

    僕は「メガホン」? 

    時々 ランチは秋刀魚~!美味かった!

     
     問題です。()内のサッカーマンガに登場する以下の選手の異名は何でしょう?

    若林源三(キャプテン翼)⇒
    氷室明彦(シュート!)⇒
    アンドレア・ファルコーニ(ファンタジスタ)⇒

     なんで、こんなクイズから始めたか?というと、今日、後藤田 元副総理⇒「カミソリ後藤田」が亡くなったと知ったから(う~ん、ブログっぽい、笑)。この方、僕の印象では「副総理」というより、「官房長官」。会見がニュースで流れるたびに、ウチのオヤジが「おっ!出たなぁ、カミソリ後藤田!」と言っていたため、「カミソリ」の異名が僕の頭にインプットされた。浅間山荘事件当時の警察庁長官でカクエイさんに請われて政界入り。意外なのは元警察官僚でありながら、「護憲派」。イラクへの自衛隊派遣決定の時、えらくTVで怒っていた事を覚えている。水野真紀の旦那の現・後藤田衆議院議員は甥の子。いかん、またまた、話がそれた。

     この「異名」という「言葉遊び」、元々かなりお気に入りの遊びである。今、緊迫した大会の真っ只中だから余計に、こういう「遊び心」に飢えているのか、ふと、「ウチも全員、異名をつけようか?」、そんなことを考えた(しょうもない?、笑)。キッチキチの精神状態でサッカーしても仕方がない。楽しく、楽しく!ヨユーを持って。子供のサッカーなのだから!子供と一緒に楽しまなくてどうする?

     他のチーム・他地区のチームでも、この「遊び」をやってもらって、交流試合前に「異名メンバー表」を交換したりしたら、きっと面白いと思うのだが。この試合の見所は、「我がチームスピードスター」vs「ライバルチームのオルカ」や、「我がチームの虎」vs「ライバルチームの氷壁」なんてお互いにコーチ陣も話して仲良くなれるもかも(笑)。試合前に「相手の10番は『ショットガン』と呼ばれているそうだ。マークを怠るな!」なんて指示出したり。どうでしょ?一度、どこかのチームの方、マジメにやってみませんか?ウチと。

     さて、再び問題です!以下の異名は我がチーム5年生の何番のことを言っているでしょうか?「A市の大鉈(ナタ)」、「チョロQ」、「我がチームのの壁」、「左サイドのロケット」。。。(笑)。

     30人分考えられるかなあ(笑)。