FC2ブログ

    沸騰。 

     夕方から仕事…。


     大河ドラマを楽しく見ている。10何年ぶりのことだ。

     意外かもしれないが、僕は龍馬フリークだったりする。大学4年の春には、車で龍馬の足跡を辿ったりしたほどだ。大河ドラマの終了時に出てくる「坂本龍馬 縁の地」にはほとんど行っている。

     ドラマを見ていて感じるのは、まだ脱藩前の「龍馬伝」ながら、この時代の人々の生き方は熱いということだ。時代を変えるのは周囲の環境の変化と、そこを生きる人の心のエネルギーだと今更ながら、再認識した。

     サッカー界も今、変革の時だ。
     若い志士たちの思いは、きっと熱いものがあるだろう。

     そんな思いを持って、今日は2010年度に行われる国体選抜選考を見にRグラウンドに出掛けた。 最初に断っておく。昔から、このブログを読んでくれている人は知っていると思うが、僕は「トレセン」というものが好きではない。理由? 日本のトレセン制度は歪(いびつ)過ぎるからだ。地区により選抜段階も違うし、その選抜方法も基準も違う。そのくせ、言い訳となる理念だけは崇高だったりするから、余計に嫌いになる。

     素直に「私の好みです」となぜ言わないのだろう。
      
     好きでないのになぜ見に行ったのか? それは、息子を見に行ったからだ。何を間違えたか、年末から息子は県トレメンバーに呼ばれている。言い訳だが。〝息子の勇姿〟を見に行ったのではない。ハッキリ書くが、そんな実力、彼には、ない。親としてよりもイチ指導者として、よほど、「行く必要なしっ!」と言いたかったが、それは〝本人の決めること〟だ。自分が行きたいならば、行けばいい。では、余計になぜ、コーチが見に行った? 実は、今日の選考ゲームは、息子の交通事故からの復帰緒戦なのだ。事故以降の初めての試合。果たして、どのくらい動けるのか? 歯は外れないのだろうか? そういうことを、この目で見て確認したかっただけだ。

     そもそも、選考結果などやる前からわかっている。例年のメンバーを見ればわかる。基本的にJクラブJr.ユース→Jユース組は決まり。本当に選考されるのは、Jクラブ流出組と県トレメンバーから2名。戦力的に薄いポジションがからの選考となる。そう考えると、今年はFWだろう。

     結果として。僕の予想はパーフェクトに当たった(笑)。

     某掲示板に「不思議だ」等の書き込みがあったが。何の不思議もない。例年通りである。試合を見れば、もっと明らか。明らかに1本目に試合をした子どもたちの力は抜けていた。しかも、その子達は、その後の試合に出て来なかった。それは明らかに午後に予定されている「UH高校U16」との試合に備えてのこと。目の前の事実さえ、しっかり見れば、何の不思議もない(苦笑)。だから、僕的には何の文句もないはずっだたのだが…。

     やはり。アラを見つけてしまった。
     こんなことなら、見にいかねばよかった(苦笑)。

     そのアラとは…。ど~して、〝群れる〟のか? 赤Jは赤Jで固まり群れる。オレンジはオレンジで集まり、〝群れる〟。県トレは県トレで〝群れ〟、その中でKSCはKSCで〝群れる〟。ほぼ崩壊しているに等しいと言いながらも、サッカー王国と言われる我が県を代表する60数名の行動としては、見ていて非常に物足りないものだった。

     やはり。サッカー以外の部分が。まだまだ足りない。

     幕末の志士は、この代にもたくさんいるのだろう。が、残念ながら、枠にとらわれない坂本龍馬は、〝今のところ〟この代にはいないように見えた。Jという上士からでも、フツーの高校サッカー少年という下士からでもかまわない。〝こんまいこと〟に囚われない、我が県に〝あだたん〟龍馬の出現に僕は期待したい。そうじゃないと〝つづの~て、つづの~て、ワシャ、たまらんぜよ〟。
     
     今夜の「龍馬伝」のサブタイトルは「土佐沸騰」。
     他県はきっと沸騰している。


    忠告。 

     県NO1チームと練習試合。9連敗。ただ1得点っ! ありがとうございました。


     今日はKSC・12期生卒団の日。
     18時~卒団式、19時30分から保護者主催の謝恩会が開催された。

     僕的に言うと。「よく3年間、続けたっ!」と息子をホメる気は毛頭ない(笑)。3年前、自分で「行きたいっ!」と決めたチームだ。常に「続けるも、辞めるもお前の自由だ」しか言ってこなかった。ホメるとしたら、僕は自分とAクンパパをホメてあげたい。

     3年間、迎えの作業、お疲れさまでしたっ!
     2人とも、よく、頑張りました(笑)。

     保護者の1人として。監督、コーチ及びスタッフの皆様には、深く感謝を申し上げたい。立派な成績を残せたから? いや、違う。そんなことは、どうでもいい。何よりも感謝したいのは「強いハート」を子ども達に植え付けてくれたことだ。「決してあきらめない」「このチームが負けるわけがない」。子どもたちは、その思いをコーチ陣から学び、そして見事に実践した。僕も指導者の端くれとして、同じことを我がチームの子どもたちに言い続けているが、これがなかなか伝わらない。しかし、KSCS12期生の面々は、40人全員が、己を信じ、チームを信じることができていた。

     圧巻は高円宮杯。事実として書くが、県大会準決勝、決勝、関東1回戦、2回戦は全て逆転勝ち。2点差以上をはね除けての勝利も2度ほどあった。後半、20分を過ぎてからの40人の選手一丸となった〝KSCタイム〟の演出は見ている僕らも、痺れまくった。先制されることに問題があることを忘れさせてくれるぐらいに(苦笑)。

     監督、コーチ陣、スタッフ、そして保護者の皆さん。
     3年間、本当にありがとうございました。
     3年前の自分のブログ(→ココ→ココ)を読み直して、改めて感じました。
     KSCに行かせて良かったと心から感じています。

     卒団式では12期生一人一人が堂々と進路を語り、後輩へのアドバイスを送った。「厳しいかもしれませんが、監督・コーチを信じて練習に励んでください」というアドバイスが圧倒的な主勢を占める中で。息子だけは、違うことを言ったのが印象的だった。

     「みなさん。交通事故には気をつけましょう」(笑)。




    息子、交通事故に遭う。トレーニング。27日目。 

     日が延びた。パーティに向かう途中、感じたこと。


     栄養指導に息子と嫁が呼ばれたとのこと。内容は? と聞くと「退院してからの話よ。簡単に言えば、義歯に慣れるまでは小さく切って食べてくださいということ。当然、食べ物制限等の話はなかったわ」。

     ササミだけ食って、トレーニングに励めっ! とは言ってくれなかったかぁ(笑)。

     「逆よ逆(苦笑)。ヤツが栄養士さんに、『食事の量、増えないっすか?』だって。栄養士さんが笑いながら『足りない?』って。交渉の結果、おもゆの〝おかわり〟が認められた(苦笑)」。

     運動せずに食えば太るだけだぞ?

     「階段を往復と敷地内ダッシュと体幹トレーニングは〝迷惑にならない〟を条件にお医者さんが認めてくれたらしい。だから、おなかがすくみたい(笑)」。

     どうやっても〝迷惑〟になると思うけど(笑)。

     敷地内リフティングは止めておけっ!と声を掛けた27日目が終わった。


    再建。 

     寒い…。気温が上がらない…。


     大分トリニータ 溝畑社長 殿

     はじめまして。Jリーグ専門経営コンサルタント・コーチと申します。

     この度は、J基金からの6億円の融資決定、おめでとうございます。これで、1週間ほどはホッとできますね。ですが、貴チームの借金は12億円。6億を使っても、まだ6億足りません。Jからのお金も貰ったわけではないですから、返すわけですよね? 返せます? 多分、今のままではムリですよね。

     「だからっ! スポンサー探しに必死だよっ!」。

     聞こえてます。大声を出さなくてケッコウです。パチンコ屋に逃げられたことがまず大きかったですね。神田うの、伊東美咲級の美女を揃えていれば、こんなことにはならなかったのですが。パチンコ屋さんは美女がお好きです。美女はパチンコ屋ではなく、お金が好きなんですけどね。でも、パチンコ屋の次のアレは…。アレは止めた方がいいです。このままでは、大分全県民の怒りを買い、ますます経営は立ちゆかなくなります。

     元自治省官僚、漫画にまでなった貴殿に意見をするは心苦しいのですが。
     ここは。考え方を換えましょう。
     「サカつく」ではないのです。「実業」としてのチーム経営を考えましょう。

     まず。貴殿の間違いは「スポンサー探し」にあります。元広告屋として発言しますが、「スポンサー=〝おまけ〟」です。そこを貴殿は「スポンサー=経営基盤」と勘違いしています。「だって、皆、そうしているじゃないか!」。では、聞きますが、トヨタにスポンサーがありますか? パナソニックにスポンサーがありますか? 会社経営の基本に戻ればすぐにわかること。トヨタの仕事は車を売ること。パナソニックの仕事は電化製品を売ること。そして、Jチームの基本は「お客さんにスタジアムに来ていただくこと」なのです。

     当座の6億はJが貸してくれました。
     とりあえず、〝スポンサー頼み〟は止めて、本業の立て直しを考えましょう。

     実は、いい線、行っていたのです。「さぁすがぁ!」とも思っていたのですよ。地元に根差し、若手を育てたところまでは。これは間違いなくトリニータの強みでした。「もっと強く!」と焦らずに続ければ良かったのですが…。まだ、間に合います。ここは、原点に戻るだけでなく、もう1歩、原点を推し進めちゃいましょう。

     最初のご提案は「育成組織の放棄」です。

     えっ? 強みだって言ったじゃないかって? 毒されてますね~、Jリーグに。もしかして、ジュニア、Jr.ユース、ユースに着衣を支給し、試合には派手なバスを仕立てるのが当たり前だと思っていませんか? 栄養管理した特別に高い弁当を支給し、練習後の食事まで出すのが普通だと思っていませんか? 単年契約といえ、数多くの育成スタッフを抱え、練習場所を確保するのが当たり前と思っていませんか? 選手・スタッフの住居まで面倒見るのが当たり前だと思っていませんか?

     ムダです。全部、ヤメです。
     これで数千万は浮きます。

     その代わり、まず九州全県の高校の監督を集めてください。そして、こう言いましょう。「そもそも社会的にも道徳的にも経験をシッカリ持つ先生達に敵うはずがないことに、もっと早く気付くべきでした。いや、本当は気付いていたのですが。認めたくありませんでした。すいませんでした。これからはお任せします。西川や梅崎や福元や小手川は、先生達の元でも育ったはずです」。

     ただ。皇甫官の手腕は残します。そのために、こう続けましょう。

     「これから、トリニータの選手は九州からしか取りません。契約は4年全員一律。給料は年間500万。これしか払えません。4年経ったら、チームからは去って貰います。次の高校生をどんどん入れていくために。その代わり、4年間は絶対に解雇せずに試合に出し続けます。2~3年で結果を伴った選手は、契約が残っている内にガンガン他チームに売り込みます。売るのかって? 違います。羽ばたいてもらうのです、九州から。サッカー選手として力を付けるならトリニータで。これが暫くの間のチームコンセプトです。明治大がJ1に勝つ時代です。まずは、明治大の役割をトリニータが横取りしましょう。ですから、皆さんで『トリニータならば試合に出られる。目指せ! トリニータ』を合言葉にしてください。どの学校も過不足なく皇甫官を巡回させます。いい選手の練習メニューはお任せください」。

     これを続けましょう。

     3クール12年経てば。完全に「おらがチーム」になります。なんてったって「隣の○○クンが試合に出ている」「○○先輩がレッズ相手に闘う」、そうなっていくはずです。しかも、それがグルグルと年代別に回っていきます。「僕もトリニータで頑張る! そして海外だ!」。そういう少年ファンが増えるはずです。こうして観客が増えれば、ここで初めて〝おまけ=スポンサー〟探しです。ただし、経営の根幹数字に〝おまけ〟を組み込まないでファンサービスと中学・高校への援助に、その分を回しましょう。トリニータとしての「育成組織」はヤメですが。九州全土がトリニータのための「育成組織」になる。

     これで、いいんじゃないでしょうか?
     元の誇るべきトリニータに戻る気がします。

     間に合えばいいんですが。間に合わなかった場合の奥の手を教えましょう。究極です。ただし、最後の手段です。Jから借りた6億円を別の方法で利殖するやり方です。

     BIGを6億円分買う。
     3本くらい当たる可能性があります(笑)。



    負けに不思議の負けなし。 

     風は舞っていた。快晴。


     クマガヤの挑戦が終わった。

     高円U15全国大会代表決定戦 vs.赤Jクラブの結果は0-2の敗戦。僕が試合経過を書くと、KSC寄りになるので止めておく(笑)。試合の概要は「くっ!ガッツが足りない」⇒ココや「ぬるサポ日和☆その弐」⇒ココに書いてあるので、そちらをどうぞ。ただし、当たり前のことだが、赤Jファンのブログだからダイブ相手よりの記事になっている。それを承知で読むことが肝要(それでも、かなりバランスを取ろうというブログ筆者の努力は読み取れるので、感謝である)。

     1つだけ事実と異なるので訂正を入れるとすれば、ガッツブログの以下の部分。

     「30分 赤Jがワンチャンスをモノにした!(赤J1-0KSC)。左サイド裏にロングフィードが通り10・Nクンがキープする。独特のフェイントからタメを作り中へクロス。これに中央から09・Aクンがヘッドを合わせゴール右に流し込んだ! 縦のハイボールには強いKSCのセンターバックだったが、横からのクロスにAクンを捕らえきれなかった」。

     このシーンは、KSCの両CBは、そこには、いなかった(それが、問題なのだが。苦笑)。裏に抜けたのでCB4番・息子がカバーに入り、Nクンに対峙(たいじ)。クロスを許したことで、フリーのAクンが…。それが事実。

     後半に出てくる、GKとの交錯場面では、GKのグローブで目の上が2cmほどパックリ深く切れた。止血はテーピングでグルグル巻きして3分ほどで復帰。本人曰く、「かなり強引に行ったから。審判が来たとき、僕にイエローだよな…と思った」。なるほど。何よりも相手にケガがなくてよかった。審判も今回は、ちゃんとGKチャージが取れる人だったし。息子に負けずにシッカリとキャッチしたGKをほめよう。

     まっ、今となっては、どうでもいい話だが(苦笑)。

     チームとしての挑戦は終わったが。ただ、反省だけはキチンとしなければならない。野村監督の著書にある通り、なぜ、負けたか? をシッカリと分析し、それを今後の〝自分がかかわるサッカー〟に活かさねばならない。それがなければ高校年代での成長はない。

     息子個人で言えば。崩され掛けて、自分が「行かねばならぬ!」時の対応の仕方が反省点。ここで相手に〝蹴らせて〟しまってはダメ。蹴らせたとしても、もっともっと更に「時間を掛けて」、多数の戻りを待つ必要がある。技術の高いJクラスはピンポイントでクロスを蹴ることができるのだ。そこを学習し、対応を見つけるしかない。2点目の失点もクロスとシュートの差異はあるものの、「同パターンで相手FWがフリー」だっただけに、ここは悔いが残っているはずだ。

     あとは、勢いのないボールのヘディングのやり方。これは跳ね返しても飛ばない現実を踏まえて、場面場面で、もっと的確な判断が必要だろう。また、絶対にやらなければいけないことが「左足の蹴り込み練習」。ハイプレッシャーなゲームになればなるほど、蹴り損ないが出るのは練習が足りない証拠。ボールの下を足が抜けてしまう蹴り方は芝のグラウンドでは通用しない。MFC戦では、GKと、もう1人のCBとお見合いした上、大慌てでクリアをしようとして「空振り」まで披露して失点とのこと。フツーに蹴れば、人並み以上に蹴れるのだから。まず、しっかり「型」を身に着けよう。何千回、蹴りこんで右同様にパンチを効かせて蹴る習慣を左にも染み付ければ、ミスは減るはずだ。何よりも、

     慌てないこと。自信を持って。これが全てだろう。

     チーム全体に目を移す。多数ある赤JとKSCの技術の違いの中で、一番は「精度の差」。パス、クロス、トラップ、シュート…。1つ1つの精度の違いが、全体のプレーの違いに影響してくる。ポゼッションはともかく、攻めている時間は同等、エリアで見ればKSCが押し込んでいるシーンの方が多かったし、ガッツブログで数を数えれば分かるとおり、シュート数は相手より上なのだ。ところが精度が低いために繋がらない、入らないということになる。中学年代の公式戦は、これで終了だが、以降はそこを意識して皆、頑張ってほしいと思う。直すところがあるというのは、まだまだ「伸びる」ということでもある。高校というステージで今日の悔しさを晴らしたいのならば、そこにはこだわってほしい。

     一番大切な資質、「折れない心」は40数人全員が持ち合わせているのだから。
     君達ならば、必ずできる。
     才能の差は努力で埋めるしかない。
     ただし、相手も努力をしている。相手以上に頑張れ。

     以上、今日は、なるべく感情移入しないように〝平たく〟書いたつもりだ。今日の今日、親としての感情移入をすると、かなり〝いい文章〟になるのは知っているのだが(笑)。ここはガマンだなぁ。2、3日於いて熟成させた方が〝練れた文章〟になるだろうし。何より、彼らのサッカーは終わったわけじゃない。ガチで行く公式戦は終わったとはいえ、KSCの練習は、まだ続くのだ。高校という次のステージに向けて、これからの練習に励んでほしいなぁと思う。

     最後に一言だけ。感情的な言葉を許してほしい。
     よく頑張った。他のみんなも、よく頑張った。

     それだけに。悔しいなぁ、おい…(泣)。