FC2ブログ

    今日の日記の中にも答えはあります。 

     いいお天気。風薫る5月。


     娘2人の新聞争奪戦。これが、最近の我が家の朝の風景だ。

     スポーツ新聞? うにゃ。朝日新聞(苦笑)。あっ! 苦笑と書いたが、それが正しい学生の姿か(笑)。なんで争奪戦? かというと…。1面の「しつもん! ドラえもん」の答え探しのため。答えは毎日、違う場所に掲載されているのだ。今日はマイの勝ち。ちなみに、今日の「しつもん」は…。「梅干しを見ただけでつばが出てくるよ。食べてもいないのにどうしてなの?」

     答えは…。朝日新聞を買ってみてください(笑)。

     答え探しを眺めていたら、ちょっと気になる記事を発見。今日の朝日の注目記事を教えよう。「岡田監督対談第9回 VS.奥島孝康さん」。日本代表監督:岡ちゃんと早大元総長、現高野連会長の対談記事である。

     書け? 朝日新聞を買ってみて(笑)。
     
     まぁ、ホンの一部だけ。抜粋しよう。大学で「竜馬がゆく」「三国志」「戦争と平和」を読んだと自慢をする岡ちゃんは、ともかく。奥島さんの言葉がケッコウ、スゴい。


     「大学を辞めてからはひたすらボランティア生活に熱中しようと。ボーイスカウト、高野連、全国大学体育連合、日本相撲協会運営審議会と全部無給で。51年間早稲田一筋でやってきて、初めて『社会人』になった」。

     初めて『社会人』になった、かぁ。スゴい言葉だ。

     「友情とか仲間意識とか、互いに欠点を知り尽くして裸の付き合いをして人間的な形で育っていく世界と、そういうもののない、友情が成立しないような世界は違う。人間であることが創造力をつくり、意欲を研ぎ澄ます。学校教育の一環としてのクラブ活動の良さがそこにある」。

     学校側の言葉と言えば、それ、までだが。深みがある。

     「私は終戦後の代用教員に教えられた。今でいう中学2年を終わった人たちだが、それがよかった。彼らは教員として訓練されていないことを自覚しているから、使命感が強い。大事なのはテクニックではなくてハート。私は大学の外に出ていなかったので教育者としては中途半端だと思っている。世の中でいろんなことをやって学校に戻る方が、教育者として深みも幅も出たはず」。

     早稲田総長までやって。自ら「中途半端」と言い、「代用教員の方がスゴイ」。その上で、「テクニックではなくハート」の言葉はゴイスな説得力だ。この後の「キャンプ論議」がヒジョーに面白い。岡ちゃんも、キャンプを直前に控えているからか(笑)、ミョーに説得力のある発言をしている。

     ここは。キモだから。書かない。
     朝日新聞を買ってみて(笑)。

     キャンプ論議の最後の部分、奥島さんの発言だけは書こう。
     「まず学校の先生に経験がない。子どもを学外に連れて行くとなると責任の問題を気にする。なんでも他人のせいにしたがる世の中」。

     ん~。そんな教員or教育者ばかりでもないです、奥島さん。他人のせいには決してしない学校の先生を僕は1人知っています。今年で定年みたいですが。あっ、それと。バスの中で強制的にキャンプをする「キャンプの達人」のサッカー指導者も1人知っています。自ら鬼を名乗っています。そういう一生懸命な人の意見も新聞紙上から〝降りてきて〟聞く姿勢も大切な気がします、奥島先生と岡田監督。ただ、感謝はします。読み終えて。久々に「新聞って面白いなぁ」と思いました(笑)。

     
     「新聞って面白い」と思ったら、きっと僕も毎日、新聞を読む。
     「ドラえもん」を見たら、答えを探す娘2人のように。
     それがパブロフの言う「条件反射」だろう(笑)。


    不正競争防止法。 

     夜は寒い。


     栃木でシャモの偽装問題表示が問題になっている。以下、よみうりONLINEより。

     「栃木県内で食品の信頼を脅かす問題が再び明るみに出た。鹿沼市の食肉加工業者【栃木しゃも加工組合】(石沢慎一代表)が13日、栃木しゃも以外の国産鶏を使用しながら、2年2カ月にわたって偽装表示して製造・販売していたとして、県からJAS法違反などで改善指示を受けた。無許可で解体処理していたことも発覚。 ~中略~ 『原材料のシールには【鶏肉】と表示してあれば大丈夫だと思っていたが、消費者には申し訳ないことをした』――。石沢代表は読売新聞の取材に対し、うつむきながら声を絞り出した」。

     まぁ、この手の問題が発覚した時の答弁は、いつもこんなものだ。栃木で解体したシャモだから「栃木シャモ」、神戸では育てていないが神戸牛の子牛を育てたのだから「神戸牛」、消費期限を一日延ばしたって「赤福」は「赤福」。バレなきゃいい…。そんな確信犯的企業利潤追求の理由がそこにある。それを取り締まる法律がタイトルの法律。

     だが。偽装表示よりも、面倒なものがある。「不当表示」だ。

     不当表示とは、虚偽ではないが、高確率で消費者に異なる情報として受け取られるように表示をすることを言う。例えば。消火器を売るのに「消防署から来ました」と言えば完全な虚偽になるが、「消防署の〝方から〟来ました」と言いながら、その方角から来れば「事実だっ!」と言い切れる。「比内鶏」というブランド規格に合わない商品であっても、「比内ノ鶏」などと表示して販売をした場合にも、偽装表示にはならない。その場合の答弁はこうなる。「嘘はついていない。事実しか表示していない。聞き違える、読み違える方が悪い」。

     面倒でしょ? 不当表示。
     書かなきゃ、言わなきゃ何の問題にもならないのに。
     ついつい、欲に走って書いてしまう。
     自分達の利益だけを追求すると、途端に周りが見えなくなる企業の典型だ。

     サッカー少年チームのHPはどうだろう。もしかしたら、知らず知らずのうちに、結果として不当表示になっている場合があるかもしれない。果たして、我が我がチームは、自分のチームをキチンと分析して、正当な表示をビッと行っているだろうか? 過剰な表現、いい加減な開示になっていないだろうか? 検証っ! その結果? 僕がらみの所はほとんど更新していなかった~。

     こりゃ、不当表示以前の問題だ(苦笑)。

     すぐに、対処。まだ、訂正が終わらない学年もあるけれど(みんな仕事をしながらだから…)、来週初頭には、キチンと表示が始まるはずだ。まずは、見てほしい、新D・Eチームの所を。1~3年生が、どんなに頑張っているか? 一目瞭然になっている(笑)。

     僕的には。TOPページを〝今〟に即した文章に変更。階層の低い団の紹介等の所まで入念にチェック。必要な服装の表示や年度や活動場所をキチンと訂正した。テキトーに書けば、誤解を受ける。誤解を受けるくらいならば、明らかに書かない方が良い。僕は。シッカリ書く方を選んだが。「書かない」手法もそれは正しいと思う。あくまでも個人の意見だけれども。

     今回、一番拘ったのは「ボランティア」の表記。ウチは純粋な少年団なので、「団に関わる全ての人間が完全にボランティア」と強調した。こういう純粋な言葉ほど、不当表示には使われやすい。総じて。軽々しく〝美しい言葉〟を使っている団体には逆に注意が必要。「平日は有料コーチだけれど。土日は本来、休みだから僕もボランティア」なんて詭弁上手なチームはないと信じたい。

     自戒っ! コーチである前に。地域に生きる大人なら考えるべき。
     子どもに「顔を上げて~。周りを見て~っ!」と言う前に。
     まずは、自分が周りを見ないとダメ。あくまで自戒です。

     ここまで書いたのだから。この日記もなるべく更新しなくちゃね(苦笑)。



    時間に関する考察 その2 「スピード」。 

    のちのち 良い天気。夜は雨。


     ちょっと面白い記事を見つけた。札幌の塾教師のブログ「蛍雪記」の中の1記事(→ココ)。以下、全文を掲載する。ただし、改行は読みやすいように僕の方で多少イジった。ご了承願いたい。



     『時間は平等』


     宿題が終わらなかったとき
     予習が終わらなかったとき
     課題が終わらなかったとき
     勉強をせずテストで不合格だったとき
     「時間がありませんでした」という阿呆がたまにいる。

     ウチではそれは私の逆鱗に触れる「禁句」なので
     その言葉を言った生徒は最近はいなかったのだが、
     この前ある中3生が
     「時間がありませんでした」
     と言ったのでマジギレした。
     おそらくその生徒の家の周辺は時空間が歪んでいて
     1日が12時間くらいしかないのだろう・・・

     って、そんな訳があるかい。

     「時間がない」などと馬鹿なことを言うな。
     時間はある。
     1日24時間。
     勉強ができる者もできない者も
     金持ちも貧乏人も
     部活をやっている者もやっていない者も
     1日は24時間。

     まあ、ぶっちゃけ
     大人は時間を金で買えるんだが、君らには無理だから
     それはおいておこう。
     よって君ら中学生にとって時間だけは平等。

     ただし、「自分が使える時間」は増やすことができる。
     無駄な時間をなくせばよい。
     余計なことを捨てればよいのだ。
     テスト前に誘ってくる阿呆な友達と遊ばない
     ろくに中身も無いようなくだらんメールをやめる
     馬鹿馬鹿しいテレビを見ない。

     すると必然的に「自分が使える時間」が増える。

     睡眠時間を削る、という方法もあるがあまりおすすめしない。
     必ず反動がでるからだ。
     学校の授業中に寝てしまうとか体調不良とか。
     とはいえ1日が24時間である以上、無駄な時間をなくすのにも限度がある。

     そこでもう一つ、勉強のスピードを上げることだ。
     小学校のときに「進んだ距離=速さ×時間」という公式を習ったろう?
     あれと同じだ。

     「勉強量=速さ×時間」なのだ。

     たくさん勉強するためにはスピードアップは欠かせない。
     「自分が使える時間」を増やしたくばスピードを上げろ。
     チンタラチンタラやっているから「時間がない」などという破目になるのだ。

     では、スピードを上げるにはどうすればいいのか。
     勉強のスピードを上げる方法はいくつかあるが
     どの科目にも共通して言えることは、
     読み書きの時間が勉強時間の大部分を占めるということだ。

     ということは、
     まず読むスピードを上げること。

     教科書を読むスピード。
     問題文を読むスピード。
     ここで今までの読書量の差が出るだろうな。
     何度も言ってきたろう?
     本を読め、と。
     読むスピードは本を読まないと上がらない。
     本を読んだことがないから読むのが遅い。
     読むのが遅いから途中で嫌になる。
     本を読まなくなる。
     この悪循環を断ち切るためには、
     いくら時間がかかってもいいから本を読むしかない。
     読んでいくうちに少しずつ読むスピードが上がってゆく。

     次に、書くスピードを上げること。

     これも訓練である。
     最近の小・中学校では板書を写さなくてもあまり怒られないらしい。
     その結果だろう、今の生徒は字を書くことに慣れていない。
     書くのが遅いうえに少し書いただけで「手が痛い」「疲れた」などと言い出す始末。
     字を書く訓練が足りないのだ。
     勿論、「速く書くこと」を常に意識して手を速く動かすことも大切。
     自分のペースでゆっくりやらないこと。

     ただし、文字が雑になってはいけない。
     提出するものは他人が読める字で書くこと。
     自分しか見ないものは自分が読めればよい。

     勉強のスピードを上げるためには
     「読むスピード」
     「書くスピード」
     を上げることが基本である。

     なお、この2つはテストの際も大切であることは言うまでもない。
     できる生徒ほど読み書きが速い。
     「遅い子=できない子」と言っても過言ではないだろう。
     勉強の基本は読み書きだ。
     「自分が使える時間」を増やすため、基本部分のスピードアップを図れ。

     本当は
     その他に「思考速度を上げる」ことも必要なんだが、
     キミらはまず「読み書き」だな



     ん。細部に多少の異論は持つものの。
     全体の考え方には大きく頷ける。
     たぶん、ここはいい塾だ。

     スピードはサッカーでも1つの強みであることは誰でも知っている。だが、それを「人より〝速く〟走れれば、それだけ余裕を持ってボールに携われる」と明確に説明してみると、スピードの本質が見えて、いろいろなことが改めてわかってくる。速く走るスピードがないならば、「人より〝早く〟動ければ、それだけ余裕を持ってボールに携われる」し、「人(もしくは「他チーム」)より〝早く〟練習の準備ができれば、それだけ人(もしくは「他チーム」)より練習ができる」。「人(もしくは「他チーム」)より練習自体の進行を〝早く〟すれば、それだけ人(もしくは「他チーム」)より多くのメニューがこなせる」。

     そして。選手もコーチも「思考スピードを上げれば」。
     これは、チームは間違いなく強くなる。
     24時間を有効に使うには、まずスピードUPだなぁ。

     公式としては「練習量=速さ×時間」なのだから。

     問題は。これをどう小学1・2年生に伝えるか? だ(苦笑)。



    時間に関する考察 その1 「禁句」。 

     気温は高い。


     娘2人がお世話になっている女バスケ少年団の練習は、普段、ホーム小学校体育館で行われている。でも、この時期は卒業式・入学式等の準備で体育館を学校が開放していない。なので、今は、近くの市営体育館を使って練習をしている。

     今日の練習終了時。お当番のママさんからの一言コーナーで、あるママから、こんな指導が子どもたちに入ったらしい。「いいですかぁ! ここで練習をできることを当たり前と思わないでください。ママ達が、みんなのために必死で早朝から並んだことで、ここを使うことができています。だから、みんなは、一分一秒ムダにせず、練習に励んでくださいっ!」。周りにいたママ達も大拍手っ! ウチの嫁も「良いこと言うなぁ」と感心したそうだ。

     そう。その通り。
     時間を有効に使える者と、それができない者とでは大きな違いが出る。
     なぜなら。時間だけは全ての人に平等にあるからだ。

     最近、我が県でもクラブチームの躍進が目立つ。純粋なボランティア運営の少年団の影はとても薄い。たまに活躍する少年団もあるが、中味を見てみると、みな、平日に別のスクールに通っていたりする。

     僕は。それがとても悔しい。

     断っておくが。僕はクラブチームが嫌いなわけじゃない。どちらかというと、好きだ。実際、自分の子は部活ではなくKSC(ただし、半ボランティア組織ではある)に行かせていたわけだし。実際、今のジュニアのクラブは、どこも素晴らしいサッカーをする。個人技も組織プレーも純粋な少年団チームは及びもつかないようなハイパフォーマンスを披露してくれる。スクールはスクールで僕らの手が回らないところまでシッカリと子どもたちを指導してくれるから、僕らとしても非常に助かるのだが…。

     イチ指導者として。僕は悔しい。

     よく、「強いチームやウマい選手は、平日も練習しているのだから仕方がないよ」という意見を聞く。だけれども。僕は、そう思わない。それは、僕らがサボっている証拠でしかない。我がチームの1・2年生が、平日練習をしているチームに勝てないことや平日スクールに通っている子よりヘタだということは、僕らコーチの育成が×なことにほかならない。なぜなら、

     世界中の誰にとっても。
     1日は24時間で、1週間は7日で、1年は365日だからだ。
     同じ時間を持ちながら、同じレベルにしてあげられないことが、僕は悔しい。

     僕は。時間を有効に使っているだろうか。子どもたちに関われる時間がもし、強豪チームよりも少ないとするならば、それを補うような頭の使い方をしているだろうか? 勝手に限界を決めて、「仕方がない」とあきらめてはいないだろうか? グラウンドが土日しか使えないこと、練習時間が少ないことを言い訳にしていないだろうか?

     やればできるはずだ。時間は平等だから。
     世界中の誰にとっても。
     1日は24時間で、1週間は7日で、1年は365日だから。

     今日から、ちょっと自分にネジを巻こう。頭をフル回転させ、我がチームの子どもたちが強豪に負けない力を持つにはどうしたらいいか? を、もう一度、初めから考えよう。純粋な少年団だってやればできることを実証しよう。

     1日は24時間で、1週間は7日で、1年は365日。
     1秒もムダにせず。サッカーのことを考えたい(仕事は別として)。
     
     我がチームの1・2年生諸君っ! 今日から「ムリ」に加えて、禁句を追加だ。
     「時間がない」。
     これ絶対に、言ったらダメだよ~。



    虎になれっ!虎になるのだっ! 

     明日は体験会と試合。攻めよう。


     連日のバンクーバーオリンピックネタとなるが。フィギュアスケート男子・高橋選手、銅メダル獲得おめでとうございますっ! 感動しました。

     大拍手っ!

     一番いい色のメダルを取りに行くための4回転ジャンプ。失敗に終わったけれど、〝攻めて〟の結果。構成点だけを見ればNO・1。立っていれば金もあった。その意味で、立派な銅メダルだと思う。「4回転をやらずにメダルを取ったとしても一生、後悔する」。あぁ、なんてステキな言葉なのだろう。小塚選手も8位に終わったが、〝攻めて〟4回転を公式戦で初めて成功させての順位。未来は明るい。小塚選手にも大きな拍手を送りたいと思う。

     金メダルを取ったライサチェク選手は4回転ができないらしい。なのに金…。「だから、余計にスゴい」とも言えるのだろうけれど。確かに、演技自体は「完成度」がすごく高かったのだけれども。う~ん、何か素直に拍手が送れない。そう、思うのは〝責め好き〟の僕の性格が原因なのだろうか? 

     おっと。字が違う。
     この場合、〝攻め好き〟が正解だ(笑)。

     同じ理由で。僕は、女性誌が特集する小手先How to ○○○に似た、日本的〝ポゼッションサッカー〟というモノが、どうしても好きになれない。断っておくが、「理屈」は十分、理解ができている。ずっと、ボールをキープしていれば、リスクは減る。そして、複雑に動いて、相手の守備網を崩して穴を開け、そこを逃さずに攻撃する。できなければ、また下げて、キープ。それを繰り返す…。しつこいが、理屈は分かる。分かるのだが…、

     それって楽しいか?(苦笑)。

     僕が認める〝ポゼッションサッカー〟は。結果として、ポゼッション率が高いサッカーのみだ。圧倒的なテクニック、磨き抜いたサッカーインテリジェンス。攻めて攻めて、攻め倒して。万が一、奪われたならば命を掛けて奪い返す。だから、結果としてポゼッション率が上がる。チーム全体がリズムを取りながら躍動するサッカー。もし、カウンター一発で負けることがあったとしたら、「まだヘタな証拠」「闘っていない罰」と自らを追い込む〝攻めダルマ〟サッカー。そんなサッカーが僕の理想だ。

     ん? 今日もどこかのチームのコピーになってしまった…(笑)。
     (許してもらえるだろうか…)。

     フィギュアに戻ろう。高橋選手には、これで満足せずに「4回転を成功できなかった自分の不甲斐なさ」を感じて戦い続けてもらいたい。「チャレンジしないヤツに金メダルを獲られた自分が情けない!」と自分を叱咤し、更なる努力を継続してもらいたい。高橋~っ! 男なら。責め続けろっ!

     おっと。〝攻め続けろっ!〟だ。

     最後に。靴紐のチェックはしておこう。サッカーもフィギュアも(笑)。